介護崩壊

介護崩壊介護崩壊
晋遊舎ブラック新書 著者:凛次郎出版社:晋遊舎サイズ:新書ページ数:205p発行年月:2007年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)介護保険制度なんて、もう信用できない!日本最大の介護サービス企業「コムスン」の事件で発覚した、介護業界の怪しすぎる正体。虚偽申請、不正受給、なんでもござれのオンパレード。それ以上に深刻なのは、相次ぐ高齢者への虐待、介護に苦しむ人々の殺人・無理心中事件の数々。二〇〇〇年から始まった介護保険制度は、はたして老人たちを救えるのか?介護現場の真の実態を詳細レポート。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 老婆心/第1章 虐待と介護殺人/第2章 介護ヘルパーの犯罪/第3章 介護離職が止まらない/第4章 介護ビジネスの闇/第5章 介護再編/第6章 介護崩壊へのカウントダウン/最終章 恍惚の人が街にあふれる夢を見た【著者情報】(「BOOK」データベースより)凛次郎(リンジロウ)1954年、山形県生まれ。法政大学経済学部卒。サラリーマン時代に勤務先が介護ビジネスに参入し、その責任者となる。訪問介護、福祉用具レンタル、施設での給食サービスなどの実務を経験。現在も自宅で母の介護にあたる。独立後はフリーライターとして、NPOや福祉活動、公益事業などをテーマとした執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 教育・福祉> 福祉
さらに詳しい情報はコチラ≫


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。